メンテナンスが不要なセラミックス水処理装置「エルセG」。抗酸化水など5つの機能に変わる。

家庭用エルセG

アニメでわかる!エルセG(働く水)のパワー

『エルセセラミックス(1~3mm径の粒状)』は吸着能力やイオン交換はありませんが、セラミックスが入った容器に通水させることで、セラミックス同士が衝突する際に発生する電荷によって水自体の構造に変化を与え、高機能の水を生み出します。また、エルセセラミックスは水流によって常に流動している状態であるため、表面に付着物が発生して水が機能化されなくなるといった問題もありません。永続的に高機能水をつくりだすのがエルセです。

水道水の水流でエルセが流動・衝突・摩擦

エルセGに使用されている粒状のセラミックスは、高千穂山系(宮崎県)で算出する特殊な岩石(堆積岩フォルンヘルス)を原料として製造されており、これをエルセセラミックス(Electric Ceramics)と名付けました。エルセセラミックスは石英に値する硬度を有しており、水中で流動させても摩耗したり成分が流出することはありません。

エルセGのセラミックスは通常のセラミックスより硬い硬度になっています。
なので流動せてセラミックス同士が衝突しても掛けることはございません。
これは原石フォルンヘルスだからできることです。
※フォルンヘルスを使用しているのはエルセGのみです。

ページのトップへ戻る