軟弱地盤対策

  • TOP>
  • 軟弱地盤対策

軟弱地盤対策の詳細

群馬県を中心に地盤改良・地盤工事を行う坂本建設は、軟弱地盤対策を承っています。軟弱地盤でお困りの場合はお早めにご相談ください。

軟弱地盤とは

軟弱地盤とは、建物の重さを支えきれずに沈下する恐れのある地盤のことを指します。同じ軟弱地盤でも建てる建物によって必要な地盤の強度は異なり、建物ごとに軟弱地盤の定義は変わります。

木造建造物は建物の重量が軽いので強度のない地盤でも建築できますが、鉄筋コンクリートでできた建物ではしっかりとした強度がなければ、地盤沈下を引き起こしてしまいます。ビルダー様・工務店様・設計事務所様の建築プロジェクトに合わせて軟弱地盤対策を行っていきます。

「軟弱地盤かもしれない?」と感じたら、まずは地盤調査を

軟弱地盤対策工法

軟弱地盤対策に採用する工法は、地盤の深さによって変わります。軟弱な地盤が地中2m程度の場合は「表層改良工法」、2~6.5mの場合は「ハイスピード工法」、2~8mの場合は「柱状改良工法」、8m以上の深い位置の場合は「鋼管杭工法」をご案内しています。

地盤の深さに適した工法について詳しくご紹介します

  • その他の事例はこちら
  • お客様からのご意見はこちら
  • 坂本建設が選ばれる理由はこちら
  • 坂本建設のスタッフをご紹介します

地盤改良・工事のことなら創業50年以上の実績を有する坂本建設へ